ビジネスホン、トラブル対応、電話工事、LAN工事、移転・引越しにともなう通信設備工事のビジネスホン.Link

よくあるご質問 | Q & A

" ビジネスホン " について

ビジネスホン主装置ってなに?
主装置はビジネスホン全体の制御装置のようなイメージで考えていただければと思います。
主装置によってかかってきた電話をどこの電話機に流すか、内線番号をどこの電話機に割り振るかを設定されています。
又、主装置内部はユニットと呼ばれる部品が搭載されており、ユニットの構成でシステム全体の利用できる外線本数、電話機の台数や付加機能が変ります。
ビジネスホンに留守番電話の機能はありますか?
基本的にどちらのメーカーでも留守番電話の機能はございます。
メーカーや機種によって標準搭載かオプションかが変ってきますので、まずはメーカー機種を御確認いただきご連絡いただければと思います。
ビジネスホンと家庭用電話機の違いってなに?
ビジネスホンは、会社の事務所などで使うシステムの総称になりますが、機能に大きな違いがございます。
複数の回線を収容でき、手元の電話機で使い分けする事ができる。内線での通話ができる。
電話機自体も沢山のボタンがあり、多機能電話機と呼ばれていますが様々な機能を設定する事ができます。
ビジネスホンで利用している回線とFAXを兼用ができますか?
兼用する事は可能です。
ただし、ビジネスホンのシステム構成によって接続できるかできないかが変ってきますので、現状の主装置に何のユニットが構成されているかの確認が必要になります。
ビジネスホンの工事は自分でできますか?
ビジネスホンの工事に関しては「工事担任者資格」が必要になります。
資格だけでなく、メーカーによってシステムデーターの設定の仕方に違いがあり、自分で工事をしてもうまく動作しない可能性が高いです。知識だけでなく、実務経験が必要になります。
ひかり電話に対応するのに電話機を交換しないといけないでしょうか?
ひかり電話を既存ビジネスホンに収容する為のアダプターがNTTからレンタルで提供してもらうことができます。
多くの場合はレンタルのアダプターでそのままひかり電話に変更する事が可能ですが、機種が古すぎる場合は対応できない場合もございますので、メーカー、機種を御確認のうえお問合せいただければと思います。
ビジネスホンの転送機能とNTTのボイスワープの機能の違いは?
ビジネスホンの転送機能の場合、外線1で着信したものを外線2で発信して携帯電話などにつなぐ動きをします。
その為、携帯電話に通知される電話番号は、会社の電話番号で、相手先の電話番号は通知されません。
ボイスワープの場合は相手先の電話番号が通知されるので、電話番号でどこからかかってきたのかがわかります。
機能的にはビジネスホンの転送機能の場合、一度に複数の人に転送をしたり、電話に出ない場合順番に次の人に転送してくれるといって機能もあります。
“ビジネスホン.Link” について“ビジネスホン” について“電話・LAN工事” について
“ビジネスホン.Link” について “ビジネスホン” について “電話・LAN工事” について
Copyright All Japan Link Group.Co.,Ltd. All Rights Reserved.