ビジネスホン、トラブル対応、電話工事、LAN工事、移転・引越しにともなう通信設備工事のビジネスホン.Link

ビジネスホン知恵袋 | PEARLS OF WISDOM

ビジネスホン基礎

ビジネスホンとは・・・

ビジネスホン(ビジネスフォン)は、複数の外線と内線の制御を行う事のできる業務用電話機の事です。
機器の構成は、全体の制御を行う主装置と複数の電話機で構成されていますが、それ以外にもドアホン、アンプスピーカー、ナースコール、PHSなどの接続をする事も可能です。
つまりビジネスホンとは、主装置を中心に複数の端末が接続されたシステム全体の事をいいます。

良くある質問


家庭用の電話機との違いは?

家庭用電話機との大きな違いは、1台の電話機で複数の外線を使い分けする事ができるところにあります。
そのため、ビジネスホンの電話機には複数のボタンが存在し、ボタン電話機と呼ばれる事もあります。
また、ビジネスホンは複数の種類の外線を混在させる事も可能です。
例えば、IP電話とISDN回線を混在させて使用する事も可能です。

ビジネスホンのメリットは?

ビジネスホンを利用する事により業務の効率化、経費削減をする事が可能です。

業務の効率化

  • 1台の電話機で複数の電話番号を利用できます。
  • システム全体で同じ電話番号を共有する事ができます。
  • 内線転送する事できます。
  • 留守番電話、お待たせメッセージ、転送電話など便利な機能が利用できます。

経費削減

  • 複数の回線を集約する事で基本料を削減できます。
  • 通話料の安いサービスを使い分けする事で通話料を削減できます。

ビジネスホン導入時のポイント

必要な電話機の種類(置き型、コードレス、カールコードレスなど)と台数

必要な電話機の台数はもちろん、使い勝手に応じて電話機の種類も検討する必要があります。

一般的なビジネスホンの種類

置き型電話機
>> 最もスタンダードな電話機
防水電話機
>> 防水機能の電話機で、水廻りでの利用にお勧め
カールコードレス電話機(ハンドルコードレス電話機)
>> 受話部分がコードレスになっている電話機で、主に卓上で利用するがたまに移動しながら電話をする方にお勧め
デジタルコードレス
>> 社内を自由に移動しながら通話する方にお勧め。 持ち運びに便利なポケットに入る小型タイプと、通話のしやすい大きいタイプがあります。
PHS
>> 複数フロア、広範囲に利用したい方にお勧めです。

必要な電話番号の数と回線数、回線の種類(サービス)

ビジネスホンで利用できる回線の種類は多岐にわたります。
アナログ回線、ISDN回線などでしたが、最近ではひかり電話オフィス、OCNドットフォン、KDDI光ダイレクトなどが主流になっています。
回線サービスの組み合わせ方は様々ありますので、まずプロと相談するのがお勧めです。

必要な機能(留守番電話、外線転送、お待たせメッセージ、3者会議など)

自社の業務で必要な機能を検討、ビジネスホンの機種によって標準で利用できる機能が変ってきます。必要な機能が使えるかを確認する事をお勧めします。

将来的な拡張性(台数の増加、回線数の増加など)

ビジネスホンに接続できる電話機の台数や、回線数は機種や構成の仕方で変ってきます。 少なくても5年程度先を考えて、拡張する事ができるかを確認する事をお勧めします。

Copyright All Japan Link Group.Co.,Ltd. All Rights Reserved.