s

ビジネスホン、トラブル対応、電話工事、LAN工事、移転・引越しにともなう通信設備工事のビジネスホン.Link

ビジネスホン知恵袋 | PEARLS OF WISDOM

ビジネスホン基礎 | ビジネスフォンや業務用電話機(オフィス電話)のリース契約

ビジネスホンは導入する際には、一括で購入するケースとリース契約をして毎月一定額を支払って借りる契約をするケースがあります。

リース契約のメリット

  • 初期費用なしで導入する事ができる。
  • リース料金はリースの期間中全額経費処理する事ができる。
  • 機器の所有権はリース会社にあり、固定資産税等の税金はリース会社が支払う。
  • リース料金の中には動産保険も含まれているので、火災、盗難、落雷などの故障があった場合、保険によって保証を受ける事ができる。

リース契約のデメリット

  • 車のリースとは違い、ビジネスホンの場合はファイナンスリース契約となっており、中途解約ができない、保守料金が含まれていないなどのデメリットがあります。
  • 現金一括での購入より金利、税金、保険料、手数料が含まれているため支払い総額が高くなります。
  • リース満了後は基本的に返却する義務があります。再リース契約をする事もできますが、有料での期間延長となります。
  • リース契約申込には審査があり、希望に添えない場合があります。特に設立の間もない会社の場合は非常に審査が通りにくいです。
  • 代表者連帯保証が必要なケースがほとんどです。

リース契約にはメリット、デメリットの両方があります。
デメリットを理解したうえで契約する事をお勧めします。

Copyright All Japan Link Group.Co.,Ltd. All Rights Reserved.